記事一覧

相互リンク登録をお願いします

MTFX投資サイト自動SEO相互リンク←登録はこちら

相互リンクとは、二つのウェブサイト間で互いにリンクし合う状態を表すインターネットスラングのひとつのこと。
相互リンクは原則的に互いの合意で成り立っている。片方のウェブサイトの管理者が、彼らは、もう一方の管理者に申し入れを行い、それが受諾され、双方がリンクを張り終えた時点で初めて相互リンクが成り立つのである。従って、いつの間にか知らないウェブサイトから自分のウェブサイトへリンクが張られていて、お返しとしてそのウェブサイトへリンクを張ったとしても、それは相互リンクとは言えないかもしれない。もっとも、そのお返しのリンクを貼る際に相手の管理者の同意を得たものであれば、双方の合意が成り立つため、相互リンクと言えるだろう。
多くの管理者は相互リンクをした場合、そのリンクが相互リンクであることを明確化するため、他のリンクとの差別化を行う。単純に相互リンクとテキスト表記したり、矢印の一種を相互リンクと見立てて表記したり、あるいはイメージファイルを用いることもある。これは他のリンクに対して、相互リンクがより価値のあるものと捉えるウェブサイト管理者が多い傾向からくるものであろう。
ウェブサイトによっては相互リンクの募集を行っていたり、相互リンク申請用のメールフォームを用意していることもある。個人のサイトやブログが被リンクを増やすには相互リンクをすることが手っ取り早い方法であることは間違いない。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


 


One of the Internet slang words that show states linked between two websites each other mutual link.
There is a person who insists that mutual agreement each other in principle is necessary on the mutual link. They insist by the manager on one of websites and insist that it proposes to the other manager, it is accepted, and the mutual link consists for the first time when both finished putting the link. Therefore, the link is put from the website doesn't know before one is aware to my website, and even if the link is put on the website as a return, it is said that it cannot say with the mutual link. However, it is said that it can be called a mutual link because the mutual agreement works out if it is the one that other party's manager's agreement was obtained when the returned link is pasted.
A lot of managers differentiate with other links to clarify the mutual link the link when each other is linked. Might "Mutual link" and the text be written, kind "⇔" of the arrow be chosen as the mutual link, it write simply or the image file be used. In this, the mutual link might be the one with value or more and be what of the website manager who catches comes from a lot of tendencies that are against other links.
The mutual link might be recruited according to the website, and the mail form for the mutual link application be prepared.

IPOバブルとは

日本の株式市場が好転しはじめた2003年頃から、新規公開銘柄の初値が公開価格を上回る状態が軒並み続いた。中には初値が公開価格の数倍となる銘柄まで出現した。このため、一部雑誌などがノーリスク・ハイリターンとか宝くじより確実など株式市場の常識を逸脱する記事を組み、初心者を煽り立てて新規公開銘柄に多くの投資家が群がる異常事態となった。これがIPOバブルと呼ばれている。
しかし、ライブドア・ショックを機に2006年頃から新興市場全体の株価が下落を続け、初値が公開価格を下回ること、公募割れが珍しくなくなるようになり、IPOバブルは崩壊した模様。加えて一部証券会社が売り出し価格を会社側の意向で意図的に吊り上げていたことが判明するなど市場に対し不信感が広がっている。しかし、以前として人気の銘柄は初値が2倍以上になるなど市場の注目度は高いのも事実である。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照
 
 
 
 

The state for the first value of the brand of a new opening to the public to exceed the price of introduced stock continued across the board since about 2003 when the stock market in Japan had begun to pick up. Even the brand that the first value increases to several times that of the price of introduced stock appeared on the inside. Therefore, it became extraordinary happenings that the magazine etc. united a part of article that deviated from the common sense of the stock market like the certainty etc. from a high no risk return or the lottery, it fueled, the beginner was put up, and a lot of investors crowded the brand of a new opening to the public. This is called IPO bubble.
The first value keeps falling taking the opportunity of the Livedoor shock stock prices of the entire new market from about 2006, and collapses, and however, the crack of the public advertisement ..falling below than the price of introduced stock.. comes to have become not unusual, and the IPO bubble will collapsed. Additionally, distrust has extended to the market as it turns out that the brokerage firm was intentionally lifting up a part of offered price by the intention of the company. However, the high one is true at a noteworthy level of the market as the first value becomes twice or more as former as for a popular brand.

ページ移動